「山形釣り情報」・・・釣果情報&魚種別の情報
 


ア ユ 山形県内のアユ釣りは7月1日から順次解禁です。詳細は山形県内水面漁業協同組合連合会のホームページをご覧下さい。
サクラマス ◆県内のサクラマス釣りは、2014年から赤川と最上川水系の川が3月1日〜8月31日までが遊漁期間となりました。赤川と最上川以外の庄内の川は、4月1日〜8月31日が遊漁期間です。なお最上川水系では最下流部(両羽漁協の管轄)での釣りは、2014年から遊漁料が必要になっています(ただし河口から上流500mまでの区間は採捕禁止)。遊漁料は1日3,000円、1年10,000円。
サクラマス写真館はこちら・・・皆様の釣果写真も掲載しますので、ぜひお寄せ下さい。(メールに写真データを添付して)

◆釣りをする際は遊漁券が必要です。現場(川)で監視員さんから購入する場合は手数料が加算されますので、事前に遊漁券を購入してから川に入りましょう。
渓 流 県内河川の渓流釣りは、2014年から<4月1日〜9月30日>が遊漁期間となりました。
ワカサギ 県内のワカサギ釣り場情報などはここをクリック
海釣り全般
 2017年9月1日付 釣り情報 情報提供:フィッシングカトウ (鶴岡市文園町7-1) TEL0235-24-2503  
■加茂から鼠ヶ関までの各漁港では、アジ、メジナ、ウマズラ、サバ、カマスなどの当歳魚が、エサ釣りやサビキ釣りで釣れるので好天の休日にはファミリーで1日中楽しめそうだ。同じ港内では、アオリイカのエギ釣りが始まった。今のところ、堅苔沢より南側方面が有利のようだが、小型ながら15cm前後を主に、一人一場所1〜5ハイ程度の釣果が出ている。
 加茂から鼠ヶ関までの磯釣りでは、夕方からの夜釣りで、相変わらずクロダイとマダイが一場所1〜2尾の釣果が出ている。型は30〜50cmだが、マダイは更に大きいのが当たっており、ハリスが切られたとの情報も多いのでハリスは太目が無難。ウキ釣り、庄内中通し釣法のいずれでも良く、エサとコマセはオキアミが一般的だが、コマセには夜釣り用の集魚剤を混ぜると効果的。
 一方、水深50mラインの近海での船釣りでは、最近ヒラメとハナダイの釣果が出てきた。ヒラメは50cm前後が主だが、一人2〜3尾の釣果で、ハナダイは20cm前後が20〜30尾の釣果。ヒラメはキスやアジなどの活魚をエサにした仕掛けを流す釣法が無難で、ハナダイは3〜4本針の胴付仕掛けを用いて、エサは冷凍赤エビやオキアミのエサが良い。同じ船での夜の電気釣りでは、ワラサとマダイが釣れている。いずれもイカの短冊や赤エビ、イソメなどをエサにした胴付き仕掛けが一般的だが、大型の場合、ハリスが切られやすいので、出来れば8号以上を用いた方が安心。
 2017年8月25日付 釣り情報 情報提供:フィッシングカトウ (鶴岡市文園町7-1) TEL0235-24-2503  
■これからの時期は、まもなく餌木(エギ)によるアオリイカ釣りが始まる。アオリイカは主に加茂から鼠ヶ関までの各漁港内外で釣れるが、波が静かな時は磯場でも釣れる。餌木はエビの形をしたルアーの一種だが、ルアーロッドにスピニングリールのタックルを用いて、この餌木をアジなどの小魚が集まるポイントに投入する。投入後にリールで餌木を巻いてくるが、この時にロッドの操作により餌木にいろいろなアクションを加えて餌木を踊らせると効果的で、アオリイカが餌木に興味をもって抱きついてくるために、アオリイカを餌木の針に掛ける事ができる。アオリイカ釣りは、特に夕方から夜が有利になるが、今の時期は型が小振りで、全長15〜20cmが主な型だが、秋が深まるにつれて大型が釣れる。その日によりムラはあるものの、条件の良い日だと、2〜3時間程度で1人5ハイ以上の釣果も期待できる。
 今の時期は、各漁港内や、安全な磯場でのファミリーフィッシングもお薦め。小アジやウマヅラなどの他、小物は魚種も多いので、サビキ釣りでの数釣りや、1本針での脈釣りなどで五目釣りが楽しめる。
 一方、船の近海釣りも盛期に入り、水深50mラインでもハナダイの他に、ウマヅラやメバルとハタ系の魚、それにイナダとシイラなどが交じる5目
釣りが楽しめる。ハリス3〜5号の胴付3〜4本針仕掛けを用い、赤エビやオキアミの冷凍エサで狙える。
   
その他の海釣りに関する情報は、以下の釣具店さんのホームページをご覧下さい。
フィッシュオン(酒田市)
黒石釣具店(酒田市)