「山形釣り情報」・・・釣果情報&魚種別の情報
 


ア ユ 山形県内のアユ釣りは7月1日から順次解禁です。詳細は山形県内水面漁業協同組合連合会のホームページをご覧下さい。
サクラマス ◆県内のサクラマス釣りは、2014年から赤川と最上川水系の川が3月1日〜8月31日までが遊漁期間となりました。赤川と最上川以外の庄内の川は、4月1日〜8月31日が遊漁期間です。なお最上川水系では最下流部(両羽漁協の管轄)での釣りは、2014年から遊漁料が必要になっています(ただし河口から上流500mまでの区間は採捕禁止)。遊漁料は1日3,000円、1年10,000円。
サクラマス写真館はこちら・・・皆様の釣果写真も掲載しますので、ぜひお寄せ下さい。(メールに写真データを添付して)

◆釣りをする際は遊漁券が必要です。現場(川)で監視員さんから購入する場合は手数料が加算されますので、事前に遊漁券を購入してから川に入りましょう。
渓 流 県内河川の渓流釣りは、2014年から<4月1日〜9月30日>が遊漁期間となりました。
ワカサギ 県内のワカサギ釣り場情報などはここをクリック
海釣り全般
 2017年7月14日付 釣り情報 情報提供:フィッシングカトウ (鶴岡市文園町7-1) TEL0235-24-2503  
■加茂から鼠ヶ関までの各漁港内では、サビキ仕掛けで小アジ釣りが楽しめる。サビキの仕掛けは、スキンやサバ皮などの擬餌付きでも良いが、コアミをエサにするトリック仕掛けが有利で、アジの大きさにより3〜6号を使い分ける。アジの型は日中では小型が多く10cm程度だが、早朝と夕方は20cm前後が混じり、3時間程で1人20〜50尾の釣果。また同じ漁港内で、オキアミのエサをダンゴで包むダンゴ釣法では、小型クロダイの20〜30cmが1人で2〜5尾の釣果。
 地磯や渡船による沖磯では、夕方から翌朝にかけて、クロダイとマダイの30〜50cmが一場所1〜2尾釣れる。ウキ釣法、庄内中通し釣法のいずれでも良く、エサとコマセはオキアミが無難だが、フグなどのエサ取り対策には、ダンゴのエサやカニ、それにホタルイカなどがエサ持ちも良く釣果実績もある。
 一方、近海の船釣りでは、水深50mラインでのジグやブラーなどのルアー釣りで、五目釣りが楽しめる。主に釣れる魚種は、マダイ、ハナダイ、メバル、ソイ、アイナメ、ハタ、カサゴ、ヒラメ、イナダなどで、サイズは30〜50cmが多い。ルアーの針にイソメなどのエサを付けると更に釣果が向上する。6時間程度の釣りで、魚種取り交ぜて一人10〜20尾の釣果。
 2017年7月7日付 釣り情報 情報提供:フィッシングカトウ (鶴岡市文園町7-1) TEL0235-24-2503  
■投げ釣りでのキスが楽しめる時期となった。湯野浜の海水浴場などの砂浜から沖のテトラ周辺に仕掛けを投入すると良型のキスが釣れる。また、加茂から鼠ヶ関までの各漁港の堤防などから投げ込んでも釣れるが、フグなどのエサ取りも多いので、比較的にエサ取りの少ない早朝の4時頃から釣り始めないと数は望めない。キスの型は15〜25cmで、一場所2〜3時間で10尾前後の釣果が平均的だが、油戸の漁港堤防先端では特に数が釣れた。
仕掛けは市販の3本針仕掛けの8号クラスを用い、エサはジャリメやイソメが良い。
 加茂から鼠ヶ関までの磯場や漁港堤防周りでの釣りは、早朝か夜釣りに限られてくるが、クロダイやマダイ、それにアイナメとメバルが、オキアミのエサとコマセで釣れる。いずれもウキ釣法、庄内釣法で狙えるが、イソメなどをエサにした投げ釣りでも釣果が出ている。特に夕方からの半夜釣りでは、クロダイの40cm、マダイの50cmやアイナメの30cmそれにメバルの25cmクラスが主に釣れる。
 一方、船での釣りはムラがあり、平均した釣果は出ていないが、温海沖でのハナダイとメバルの25〜30cm、それに、水深50〜80mラインでの近海全般でヒラメの70cm前後が期待できる。
ヒラメはキスやアジなどの活魚をエサにした胴付き仕掛けや、天秤を用いて流し込む泳がせ釣法で狙うのが一般的。
   
その他の海釣りに関する情報は、以下の釣具店さんのホームページをご覧下さい。
フィッシュオン(酒田市)
黒石釣具店(酒田市)