「山形釣り情報」・・・釣果情報&魚種別の情報
 


ア ユ 山形県内のアユ釣りは7月1日から順次解禁です。詳細は山形県内水面漁業協同組合連合会のホームページをご覧下さい。
サクラマス ◆県内のサクラマス釣りは、2014年から赤川と最上川水系の川が3月1日〜8月31日までが遊漁期間となりました。赤川と最上川以外の庄内の川は、4月1日〜8月31日が遊漁期間です。なお最上川水系では最下流部(両羽漁協の管轄)での釣りは、2014年から遊漁料が必要になっています(ただし河口から上流500mまでの区間は採捕禁止)。遊漁料は1日3,000円、1年10,000円。
サクラマス写真館はこちら・・・皆様の釣果写真も掲載しますので、ぜひお寄せ下さい。(メールに写真データを添付して)

◆釣りをする際は遊漁券が必要です。現場(川)で監視員さんから購入する場合は手数料が加算されますので、事前に遊漁券を購入してから川に入りましょう。
渓 流 県内河川の渓流釣りは、2014年から<4月1日〜9月30日>が遊漁期間です。
ワカサギ 県内のワカサギ釣り場情報などはここをクリック
海釣り全般
 2018年6月1日付 釣り情報 情報提供:フィッシングカトウ (鶴岡市文園町7-1) TEL0235-24-2503  
■最近は風の強い日が多く、波の状況が安定しないために、釣り場の選定が難しい面もあるが、加茂から鼠ヶ関までの地磯と沖磯それに各漁港堤防などではクロダイとマダイが一場所で2〜3尾の釣果が出ている。クロダイは終日狙えるが、マダイは夕方から夜が有利で型は40cm前後が多い。同じ釣り場での夜釣りでは、メバルとアジの20〜30cmも釣れている。いずれも庄内中通し釣法かウキ釣法が良く、エサとコマセはオキアミが一般的で実績もある。アジの場合、当たりが取り難い事があるので、小形の電気ウキなどを用いると良い。
 一方、船による沖釣りでは、近海の水深50〜80mラインでは、早朝から昼頃までの釣りで、ドコ(キツネメバル)とソイの30〜50cmが1人で10尾前後の釣果。エサはホタルイカやイワシの1尾掛けで、胴付き仕掛けの3〜5本針か、天秤を用いた流し釣りに実績がある。また、メタルジグやラバージグなどのルアー釣りでは、マダイとイナダやワラサが釣れる。型は40〜70cmが主だが、一船で10〜30尾の釣果。今年は今のところマダイがやや不調だが、今後に期待。
 2018年5月25日付 釣り情報 情報提供:フィッシングカトウ (鶴岡市文園町7-1) TEL0235-24-2503  
■加茂から鼠ヶ関までの地磯や漁港堤防それに、離岸堤や沖磯ではクロダイとマダイの釣果が期待できる。一人で30〜50cmのクロダイを5尾前後釣った人もいるが、マダイの当たりも多く出てきており、地磯でも70cm以上のマダイが釣れてきた。クロダイ、マダイともに、庄内中通し釣法、ウキ釣法のいずれでも良いが、磯場や堤防では足下のポイントが良い場合が多い。エサは、オキアミ、赤エビ、イソメなどが無難で、コマセもオキアミで良いが、クロダイやマダイ専用の集魚剤を混ぜて用いると効果がある。また、イナダとワラサも由良から鼠ヶ関までの地磯や堤防周辺を回遊しているので、ジグなどのルアーで狙うと面白い。温海方面では一場所で20尾以上の釣果も出ている。
 一方、船の沖メバルは今後とも期待できる。市販の10本擬似エサ針の胴付き仕掛けを用いるのが一般的だが、その日により好む擬似エサが異なるので、数種類を持参した方が良い。これらの擬似エサ針に、ホタルイカやイカの短冊、ドジョウなどのエサを用いると更に釣果が向上する。今のところ、各漁港から1時間程沖に出た中深海ポイントの水深100〜130mラインで釣れる。メバルは20〜25cmの型が早朝から昼過ぎまでで一人50尾前後の釣果。
   
その他の海釣りに関する情報は、以下の釣具店さんのホームページをご覧下さい。
フィッシュオン(酒田市)
黒石釣具店(酒田市)