「山形釣り情報」・・・釣果情報&魚種別の情報
 


ア ユ 山形県内のアユ釣りは7月1日から順次解禁です。詳細は山形県内水面漁業協同組合連合会のホームページをご覧下さい。
サクラマス ◆県内のサクラマス釣りは、2014年から赤川と最上川水系の川が3月1日〜8月31日までが遊漁期間となりました。赤川と最上川以外の庄内の川は、4月1日〜8月31日が遊漁期間です。なお最上川水系では最下流部(両羽漁協の管轄)での釣りは、2014年から遊漁料が必要になっています(ただし河口から上流500mまでの区間は採捕禁止)。遊漁料は1日3,000円、1年10,000円。
サクラマス写真館はこちら・・・皆様の釣果写真も掲載しますので、ぜひお寄せ下さい。(メールに写真データを添付して)

◆釣りをする際は遊漁券が必要です。現場(川)で監視員さんから購入する場合は手数料が加算されますので、事前に遊漁券を購入してから川に入りましょう。
渓 流 県内河川の渓流釣りは、2014年から<4月1日〜9月30日>が遊漁期間です。
ワカサギ 県内のワカサギ釣り場情報などはここをクリック
海釣り全般
 2017年11月17日付 釣り情報 情報提供:フィッシングカトウ (鶴岡市文園町7-1) TEL0235-24-2503  
■最近は安定しない天候が続くが、釣りの状況は好調になっており今後が楽しみだ。天候と波次第だが、磯に出られる好条件の日は湯の浜から鼠ヶ関までの各釣り場で、クロダイ、マダイ、イナダ、スズキなどが期待できる。クロダイとマダイは30〜40cmが主となるが、、最近は50cmオーバーも釣れているので、今後は大型も期待できる。一時好調だったアオリイカは30〜40cmの良型も釣れていたが終盤となった。クロダイとマダイは、ウキ釣法と庄内中通し釣法のいずれでも良く、エサとコマセはオキアミが無難で、その日の条件にもよるが、最近は磯や堤防での足下でも大型がヒットしている。
また、波の高い日には、投げ竿による通称ブッ込み釣りで、ホタルイカやイカの短冊、イソメなどのエサを用いて、クロダイ、アイナメの30cm〜50cmが釣れるので、高波の危険と影響が少ない釣り座からの沖目狙いで、一場所2〜3尾の釣果。投げ竿にウキを用いての流し釣りではイナダやスズキも出る。イナダやスズキなどはアジやサヨリなどの小魚による生きエサが理想だが、冷凍魚のエサでも良い。この釣りの場合、ハリスは太目の5号以上が安心で、イナダで40〜60cm、スズキは60〜70cmが主に釣れるが、エサ釣りの他に、ジグやミノータイプのルアーでも釣れている。波の高い日は比較的に足場が安全な砂浜からも釣れるので、砂浜から沖めにルアーを投げて釣っても良い。
 2017年11月10日付 釣り情報 情報提供:フィッシングカトウ (鶴岡市文園町7-1) TEL0235-24-2503  
■最近は安定しない天候が続くが、釣り場の状況は比較的に好調で今後が楽しみだ。天候と波次第だが、磯に出られる好条件の日は湯の浜から鼠ヶ関までの各釣り場で、クロダイ、マダイ、イナダ、スズキなどが期待できる。クロダイとマダイは30〜40cmが主となるが、一場所5尾以上の釣果も出ており、時折50cmオーバーも出始めてきたので、今後は大型も数が期待できる。クロダイとマダイはウキ釣法と庄内中通し釣法のいずれでも良く、エサとコマセはオキアミが無難で、その日の条件にもよるが、最近は磯や堤防での足下で大型がヒットしている。また、イナダやスズキも交じって釣れてきたが、60〜70cmも釣れているので、ハリスは太目が無難。イナダとスズキは、磯場、堤防先、サーフなどで、ルアーで専門に狙っても楽しめる。
各漁港内では、相変わらずアジの15〜25cmが、1本釣りやサビキ仕掛けで釣れているが、場所と釣れる時間帯は漁港で異なるので、釣れない時は、釣り場の移動も必要。
一方、水深50〜80mの船での近海釣りでは、100g前後のジグやカブラを用いたルアー釣りで、マダイ、ワラサ、サワラの50〜80cmが釣れている。天候と波の条件で出漁出来ない日も多いが、条件に恵まれると魚種取交ぜて一人で5〜10尾の釣果。
   
その他の海釣りに関する情報は、以下の釣具店さんのホームページをご覧下さい。
フィッシュオン(酒田市)
黒石釣具店(酒田市)