「山形釣り情報」・・・釣果情報&魚種別の情報
 


ア ユ 山形県内のアユ釣りは7月1日から順次解禁です。詳細は山形県内水面漁業協同組合連合会のホームページをご覧下さい。
サクラマス ◆県内のサクラマス釣りは、2014年から赤川と最上川水系の川が3月1日〜8月31日までが遊漁期間となりました。赤川と最上川以外の庄内の川は、4月1日〜8月31日が遊漁期間です。なお最上川水系では最下流部(両羽漁協の管轄)での釣りは、2014年から遊漁料が必要になっています(ただし河口から上流500mまでの区間は採捕禁止)。遊漁料は1日3,000円、1年10,000円。
サクラマス写真館はこちら・・・皆様の釣果写真も掲載しますので、ぜひお寄せ下さい。(メールに写真データを添付して)

◆釣りをする際は遊漁券が必要です。現場(川)で監視員さんから購入する場合は手数料が加算されますので、事前に遊漁券を購入してから川に入りましょう。
渓 流 県内河川の渓流釣りは、2014年から<4月1日〜9月30日>が遊漁期間となりました。
ワカサギ 県内のワカサギ釣り場情報などはここをクリック
海釣り全般
 2017年5月19日付 釣り情報 情報提供:フィッシングカトウ (鶴岡市文園町7-1) TEL0235-24-2503  
■クロダイとアジは加茂から鼠ヶ関までの各地磯と沖磯、それに各漁港やその周辺など、ほとんどの場所で釣れるようになった。一場所でクロダイは2〜5尾、アジだと20〜100尾の釣果が出ている。型の方は、クロダイで平均して40cm、アジは20〜30cmが釣れているが小波渡以南の方が型も良く数も出ている。また、場所によってはサバとイナダの30〜40cm前後も交じる。エサとコマセはいずれの魚種もオキアミが無難で、庄内中通し釣法、ウキ釣法のどちらでも良く、クロダイは朝から夕方までが狙い目で、アジは夕方から夜にかけて釣果が向上している。それから、投げ釣りでは、堤防や地磯からだとアイナメとカレイが釣れる。市販の投げ仕掛けにイソメの餌で釣れるが、場所によってはカレイとアイナメともに40〜50cmの良型も交じるのでハリスは3号以上が無難だ。
 一方、各漁港から出漁している船の釣りでは、飛島方面と、粟島方面の水深80〜150mラインではメバルが楽しめる。10本程度の胴付き毛鉤仕掛けにホタルイカなどのエサを用いると良く、早朝から昼過ぎまでの釣行で25cmを主体に一人50尾程度の釣果。それに、メタルジグによるジギングだと、ワラサとブリが釣れているが、マダイもまずまずの状況で、その日の条件とポイントにもよるが、取り交ぜて一人2〜10尾の釣果で、型は50〜80cmが多い。
 2017年5月12日付 釣り情報 情報提供:フィッシングカトウ (鶴岡市文園町7-1) TEL0235-24-2503  
■水温の上昇に伴い、全般的には多くの魚種の釣果が目立ってきた。加茂から鼠ヶ関までの磯場では、一場所で30〜45cmのクロダイが一場所1〜5尾の釣果で、今のところ小波渡以南の釣り場が有利。庄内中通し釣法やウキ釣りにて、ハリスは1.5〜2号が無難で、エサとコマセはオキアミが良い。釣り場で異なるが、アジの15〜35cmも各漁港内や各磯場で釣れている。アジの場合、小型の群れと大型の群れが異なるが、今のところ、加茂周辺は小型が多く、堅苔沢以南では比較的に大型が釣れる。大型の場合はクロダイと同じタックルで狙えるが、小型の場合はサビキ釣りの方が効率が良いので数も出る。アジの他に30〜50cmのサバも交じり始めたので今後が楽しみ。大型アジの場合は釣場にもよるが、日中は数が出ないが夜の8時ごろから釣れ出す事も多いので、じっくり狙う事が釣果につながる。また、30〜40gのジグなどを用いたルアー釣りでは、イナダやワラサも釣れてきたが、今のところ温海方面が有利で数も出ている。
  一方、水深50〜80mラインでの船の釣りでは、主に温海沖が好調で、釣果にムラがあるものの、80〜150gのメタルジグを用いたジギングでは、ワラサとブリそれにサワラが釣れており、一船で10〜30尾の釣果も出た。また、マダイの30〜70cmも少数だが交じって釣れる。。
   
その他の海釣りに関する情報は、以下の釣具店さんのホームページをご覧下さい。
フィッシュオン(酒田市)
黒石釣具店(酒田市)