2018.9.19掲載
●平成30年度 アユ禁漁期間の設定について

  2018.7.19掲載
●最北中部漁協さんがホームページ開設。Facebookもご活用下さい。
最上川や角川、新田川などを管轄する最北中部漁協さんが、ホームページ開設しました。またFacebookも開設しましたので、遊漁者の皆様ぜひご活用下さい。
ホームページはhttp://saihoku-chubu.org/
Facebookは
https://www.facebook.com/%E6%9C%80%E5%8C%97%E4%B8%AD%E9%83%A8%E6%BC%81%E6%A5
%AD%E5%8D%94%E5%90%8C%E7%B5%84%E5%90%88-210657913094450/

 2018.7.18掲載
●アユの放射能検査結果が公表されました


 2018.7.4掲載
●アユの放射能検査でセシウム等不検出。安全性が確かめられました。


 2018.6.29掲載(7.4に一部訂正)
●平成30年度アユ解禁日並びに稚アユ放流状況について
 今年もアユの解禁時期を迎えましたので、解禁日並びに放流実績等をお知らせします。
 天然アユの遡上は、平年より遅く、遡上量も少ないものの、県産の人工アユを主体とした放流量は13,293kgで、例年にも増して良質の人工アユが放流されております。
 なお、冷水病のまん延防止のため、「県外産おとりアユ持ち込み使用の自粛」についても協力いただきますよう併せてお願いします。
 ★下に掲載した【放流実績】の表は、内容に変更があったため7月4日に差し替えました。表をクリックすると大きいサイズでご覧いただけます。

追記コメント
日向荒瀬漁協では、7月2日にまとまった数のアユ遡上を確認できました。例年より遅れての遡上になっておりますが、水温が上がり徐々に増えてきているようです。


  2018.5.23掲載
●参加者募集! 西置賜漁協で【ブラックバス釣り大会】を開催します。


 2018.5.17掲載
●県内産(最上地域と庄内地域)のイワナの放射性物質検査で、安全を確認
  2018.4.7掲載
●県内産のイワナの放射性物質検査で、安全が確認されました
   2018.2.28掲載
●2018年の渓流釣りについて(注意点、解禁日情報、禁止区域、遊漁料など)




★遊漁料の一部変更があります。変更は以下の通りです。

 漁協名 あゆ 雑魚 現場加算金
1日券 1年券 1日券 1年券
最上川第二 2,000 8,000 1,500 8,000 1,000
最上川第八 友5,000
ガ5,000
友15,000
ガ15,000
 3,000
* さ5,000
  7,000
* さ15,000
1,000
月光川養 2,000 7,500 1,000 4,500 1,000
温海町内水面 ド1,200
友2,000
5,300
9,200
1,000 4,500 1,000
 ●赤字部分が変更箇所になります。
  
*印が付いているところについては、漁協にお問い合わせください。
  2017.12.30掲載
●山形県共通遊漁承認証の発行について

      ●平成30年度共通遊漁承認証取扱所
      ●平成30年度共通遊漁承認証販売数
      
 
         



 2017.9.29掲載
●平成29年度 アユ禁漁期間の設定について


 2017.7.13掲載
●ブラックバス等 外来魚の再放流(リリース)禁止について
 県内水面において、ブラックバス等外来魚の生息域が拡大していることを踏まえ、釣りによる個体数軽減効果を図る目的で、平成29年6月1日から、県内の共同漁業権に係る漁場の区域では、ブラックバス等外来魚の再放流(リリース)が禁止されています。
 *「ブラックバス等」⇒「オオクチバス、コクチバスその他のオオクチバス属の魚及びブルーギル」を指す。
 *「県内の共同漁業権に係る漁場」⇒「内水面漁協が漁場として管理する区域」
 ★詳細については下記のURLでご確認ください→ http://www.pref.yamagata.jp/sangyo/ringyo/suisan/5970001gairaigyo_ririkin_iinkaisiji.html
 

 2017.7.10掲載
●7月30日開催予定の「丹生川鮎友釣り大会」。参加者募集中です。
 
 2017.6.27掲載
●平成29年度アユ解禁日並びに稚アユ放流状況について
 今年もアユの解禁時期を迎えましたので、解禁日並びに放流実績等をおしらせします。
 今年度の県産の人工アユを主体とした放流量は13,450kgとなりました。天然アユの遡上は、最上川では昨年より4日遅かったものの、遡上料は例年になく多くなりました。なお、冷水病のまん延防止のため、「県外産おとりアユ持ち込み使用は自粛」していただきますようお願いいたします。


★上の表をクリックすると大きなサイズでご覧いただけます。





★上の図表をクリックすると大きなサイズでご覧いただけます。


★上の図表をクリックすると大きなサイズでご覧いただけます。


 2016.12.15掲載
●山形県共通遊漁承認証の発行について

          * 共通遊漁証取扱所     * 発行枚数 




 2016.9.25掲載
●アユ禁漁期間のお知らせ(10月4日〜10日までの7日間、指定区域でのアユ捕獲禁止)
 
 2016.8.8掲載
●アユ釣果の状況・河川の状態
 山形県内のアユ釣果情報をこれから掲載してまいります。参考になれば幸いです。
月日 河川名 釣 果 河川状況 管轄漁協
8/1 赤川 約3時間で15〜20尾 水量多めで少しニゴリあり 赤川漁協
8/7 赤川 約6時間で50尾。型は20cm多い。 平水でニゴリなし 赤川漁協
8/6 鮭川 約6時間で20尾ほど。
型は20cm級が数多く上がってる。 
水量少なく一雨ほしい状況。石アカくされ気味。  最上漁協
8/9 月布川
最上川
月布川も最上川も、どちらも釣果は20尾程度あり、大きさは24pが多い。アユの釣果は良い状態で、昨年よりも良い。  月布川も最上川も水量は普通で、濁りもなく良い状態。 最上川第一漁協
8/6 立谷沢川 立谷沢川で4〜5時間で25尾    最上川第八漁協
8/7 立谷沢川 立谷沢川で4〜5時間で25尾   最上川第八漁協
8/7 最上川 最上川で4〜5時間で20尾。
サイズは、25pと型の良いアユが多く釣れる。
遊漁者からの情報でも、釣果も良いという声が多い。
立谷沢川・最上川ともに水量は、晴天続きのため少ないが、藻類の状態は良い。
 
最上川第八漁協
  2016.8.11掲載
●平成27年度内水面利用意識啓発普及の「標語」審査結果をご紹介します

▲上の表をクリックすると大きなサイズでご覧いただけます。
 2016.8.8掲載
●7月31日に開催された「丹生川鮎友釣り大会」の結果
 2016.7.13掲載
●「丹生川鮎友釣り大会」のご案内
 2016.6.26掲載
●平成28年度 アユ釣り解禁日ならびに稚アユ放流状況について
 今年主体としたもアユの解禁時期を迎えましたので、解禁日ならびに放流実績等をお知らせします。
 今年度の県産の人工アユを主体とした放流量は12,805kgとなりました。天然アユの遡上は、最上川では昨年より8日程度早く、遡上量も昨年より多くなりました。
なお冷水病のまん延防止のため、「県外産おとりアユ持ち込み使用の自粛」にご協力いただきますようお願いいたします。


▲上の表をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。
 2016.6.26掲載
●県産農畜産物等の放射性物質検査について
  2016.3.15掲載
●2016年山形県渓流釣り解禁日情報について

 2016.3.15掲載
●最上川河口域(両羽漁協エリア)におけるサクラマス採補禁止区域について
 両羽漁業協同組合が管轄する最上川河口域において、今年1月より、河口から上流500m地点までの区域がサクラマス採補禁止となりました。期間はサクラマスの遊漁が認められている3月1日〜8月31日までです。現場には、明確な看板などはありませんが、規則の遵守をお願いいたします。なお、両羽漁協管内でサクラマスの遊漁する場合には、サクラマス用の遊漁券が必要ですので、こちらも遵守をよろしくお願いいたします。
 2015.12.14掲載
●山形県共通遊漁承認証の発行について、お知らせします。

  * 共通遊漁証取扱所  *発行枚数  
       



  2015.10.5掲載
●平成27年度 アユ禁漁期間の設定について
  2015.8.18掲載
●平成26年度 内水面(河川・湖沼)利用意識啓発普及の「標語」審査結果

▲上の表をクリックすると大きな表が見られます。
 2015.6.30掲載
●平成27年度アユ解禁日並びに稚アユ放流状況について
 今年もアユの解禁時期を迎えましたので、解禁日並びに放流実績等をお知らせします。今年度における県産の人工アユを主体とした放流量は、12,433sとなりました。天然アユの遡上は、平年と比べ鼠ヶ関川で5日、最上川においては7日、日向川においては12日程度早まりました。なお、冷水病のまん延防止のため、「県外産おとりアユ持ち込み使用の自粛」についてもご協力頂きますよう併せてお願いします。(下の表をクリックすると、大きな文字の表をご覧いただけます)
クリックすると大きな画像で見られます
 2014.12.26掲載
●山形県共通遊漁承認証の発行について、お知らせします。
●平成27年度共通遊漁書承認証の購入金額の改正について
 
平成26年4月1日4から消費税が増税されたことに伴い、平成27年度共通遊漁承認証の購入金額が、「全魚種」は25,700円、「あゆを除く 全魚種」は15,400円に改正になります。

             * 共通遊漁証取扱所はこちら    * 発行枚数はこちら




 2014.9.16掲載
●平成26年度 アユ禁漁期間の設定について
  2014.6.27掲載(7.16に放流実績の表を差し替えました)
●平成26年度アユ解禁日並びに稚アユ放流状況について
 今年もアユの解禁時期を迎えましたので、解禁日並びに放流実績等をお知らせします。
 今年度の県産の人工アユを主体とした放流量は13,321kgとなりました。天然アユの遡上は、春期の低温の影響のため、平年と比べ鼠ヶ関川では同時期となりましたが、最上川においては5日、日向川においては8日程度遅れました。なお、冷水病のまん延防止のため、「県外産おとりアユ持ち込み使用の自粛」チラシも同封しましたので、ご協力いただきますよう併せてお願いします。


▲上の画像をクリックすると大きな画像でご覧いただけます。
 2014.6.20掲載
●丹生川でアユ友釣り大会開催。参加者募集。
 
 2014.6.18掲載
●アユの遡上状況について、3回目のお知らせ。
 

 2014.6.11掲載
●アユの遡上状況について、2回目のお知らせ。



 
 2014.5.27掲載
●アユの遡上状況についてお知らせします。


 
  2014.5.27掲載
 ●放射性物質検査の結果をまとめてお知らせします。


 
  2014.3.14掲載
 ●イワナ(寒河江川)、ヤマメ(鮭川)の放射性物質検査の結果
 2014.3.12掲載
 ●平成25年度・内水面(河川・湖沼)利用意識啓発普及の「標語」審査結果
クリックすると大きな文字で見られます。
 2013.12.27掲載
 ●平成26年1月1日から遊漁規則が変わり、遊漁期間が変更になります。
2013.9.25掲載
 ●アユ資源保護のための禁漁(10/4〜10/10)について
 
 クリックすると大きなサイズで見られます。
 2013.8.9掲載
 ●県がサクラマスとヤマメ遊漁期間の変更について、意見交換会を開催します
 2013.6.28掲載
 ●県の放射性物質検査で“アユの安全”が確認されました!
 2013.6.27掲載
 ●アユ解禁情報と放流実績を掲載しました
●平成25年度アユ解禁日並びに稚アユ放流状況について●
今年もアユの解禁時期を迎えましたので、解禁日並びに放流実績等をお知らせします。
今年度の県産の人工アユを主体とした放流量は、13,780kgとなりました。
天然アユの遡上は、大雪や春季の低温の影響で、例年より1旬から2旬程度遅れました。
なお、冷水病の蔓延防止のため、「県外産おとりアユ持ち込み使用の自粛」にご協力いただきますよう併せてお願いします。
この表をクリックすると大きな表がご覧いただけます。
  2013.2.28掲載
 ●大雪に関する渓流釣りの注意について
 今年も各地で大雪となっており、今後の融雪期にかけて雪崩(なだれ)の発生や急な増水等、様々な被害が心配されます。3月1日から渓流釣りが解禁になりますが、事故に遭わないように次の点に十分に注意をして、楽しい釣りを行われるようにお願いいたします。
  1.釣り場の積雪状況を事前に確認してください。 
    ○ 地元の漁協や釣具店等に照会してください。 
  2.雪崩や河川の増水に注意してください。 
    ○ 大雪によって川の状態が変わっています。雪が河川にせり出して中が空洞になっているところを歩くと、雪が陥没して、河川へ落下する危険があります。
○ 積雪量の多い地域では、急激な気温の上昇等により雪崩が発生しやすくなっていますし、融雪による河川の急な増水が起きやすくなっています。
○ 川の上流側が雪崩等で塞(ふさ)がれると、貯まった大量の水が一度に流れ下ることがあり、とても危険です。
○ 漁協等が決めている立ち入り禁止区域等では、雪崩の発生する恐れがあります。
 
  3.気象の変化や河川の状況を事前に十分に把握してください。
    ○ 春は気象の変化が大きい季節です。雪に関する情報や、現地の天候に十分注意して、無理な釣行はしないように心がけてください。
○ 何かあれば、地元の漁協等に問い合わせてください。
 
    ルールを守り、無理をせずに安全な釣りを心がけましょう。 

  2013.2.28掲載
 ●明日3月1日に解禁となる県内の渓流釣りに関する情報を掲載いたします

 2012.12.18掲載
 ●「第55回 全国内水面漁業振興大会」が山形で開催されました。
 全国内水面漁連が主催し、各県内水面漁連が開催を担当している「全国内水面漁業振興大会」が、今年度は当会が開催担当となり、10月18日に山形市の山形テルサを会場として開催されました。大会には、全国の内水面漁業関係者523名と、国・県・市町村等の来賓56名、合計579名が参加され、内水面漁業の諸問題について協議し、大会宣言を決議するとともに参加者が交流を深めて盛会のうちに終了することができました。
 各ブロックから提案された「原発事故に伴う漁獲規制と風評被害の対策」、「カワウ・外来魚対策に係る漁協の負担軽減」、「内水面漁場環境の再生」等の議案については満場一致で採択され、全国内水面漁連で国に要望することとなりました。大会の開催については、関係各位の皆様に大会準備から大会運営、広告掲載等にわたり多大なご協力、ご支援、ご指導をいただきましたことについて、深く感謝申し上げます。今後におきましても、引き続き本大会が盛大に開催され、内水面漁業の発展につながることを祈念しております。
 なお、今年の紅葉は時期が遅れたものの、近年になく鮮やかでしたので、全国からの参加者は山形県の味覚と、自然豊かな景観等を堪能されたことと思います。
 

▲全国内水面漁連・櫻井会長あいさつ

▲来賓として祝辞を述べる山形県・吉村知事

▲議長団(宮城、山形、福島県連会長)あいさつ

▲全国から集まった方たちで会場は満員!
 2012.12.15掲載
 ●「平成25年・県内共通遊漁証」について

                山形県共通遊漁承認証の発行について
                                       
平成24年12月14日現在
                                            山形県内水面漁業協同組合連合会


   山形県内水面漁業協同組合連合会(内水面漁連)では、県内共通遊漁承認証(共通遊漁証)を発行しています。
 この共通遊漁証は、遊漁者の利便を図り、健全なレクリェーションの場を提供するとともに、遊漁による自然とのふれあいを通じて、ふるさとの川と湖の水質保全など、自然保護の認識を高めることを目的として発行しています。
 販売については、各漁業協同組合と内水面漁連のほかに、指定釣具店が委任されて行っています。
 なお、共通遊漁証には、小・中学生、身体障害者および高齢者の方を対象とした優遇措置が設けられておりませんので、ご了承ください。
 
 
      





 ★発行枚数は、各漁協(17組合)と内水面漁連が協議の上、決定されます。

 1.料 金

 2.漁具・漁法
   さお釣り(かけ釣りを除く)に限る。

 3.遊漁区域
   県内の第5種共同漁業権が設定されている河川、湖沼。
   但し、各組合では禁漁区域や禁漁期間を設けているので、その場合は遊漁規則を遵守してください。

 4.有効期限(平成25年度共通遊漁承認証)
    平成25年4月1日から平成26年3月31日

 5.共通遊漁証取扱所及び発行枚数
   ◇共通遊漁証取扱所はこちら    
   ◇発行枚数はこちら

 6.購入方法 
   各漁協・釣具店等で購入する場合には、直接お問合せください。
   (各漁協・釣具店等によって、購入方法が若干異なります。)

   ★内水面漁連の場合はこちら
    
 7.注意事項
   ◇共通遊漁証を紛失した場合、
再発行は行いませんのでご注意ください。
   ◇共通遊漁証で、写真を貼っていないものや氏名等を記入していないものは、
無効になりますのでご注意ください。必ず、購入時に写真    を貼り、氏名等を記入して下さい。
   ◇遊漁する時に、共通遊漁証を携帯していない場合には、遊漁料(現場加算含む)を徴収されますので、
必ず携帯してくだ
    
さい
   ◇各組合の遊漁規則を遵守し、マナーを守って遊漁してください
 2012.8.1掲載
 ●鶴岡市五十川のアユ、イワナの放射性物質検査結果
 2012.7.13掲載
 ●最上川水系綱木川のイワナ、ウグイの放射性物質検査結果
 2012.6.26掲載
 ●丹生川、小国川、大樽川、日向川のアユ放射性物質検査の結果
 2012.6.26掲載(7.17に表を入れ替え)
 ●平成24年度・アユ釣り解禁情報と放流実績

 今年もアユの解禁時期を迎えましたので、解禁日並びに放流実績等をお知らせします。今年度の県産の人工アユを主体とした放流量は11,955kgとなりました。また、今年度の放流稚アユについては、種苗生産の初期の段階で、ごく少数ですが鰓蓋(えらぶた)が一部欠けているアユが発生し、放流稚アユに混じっています。解禁後にこうしたアユが釣れる可能性がありますが、種苗生産の過程で生じたものであり、河川での外部要因によるものではないことをご理解いただきますようにお願いします。天然アユの遡上は、大雪や春期の低温の影響で、例年より1旬から2旬程度遅れました。なお、冷水病のまん延防止のため、「県外産おとりアユ持ち込み使用の自粛」にご協力いただきますよう併せてお願いします。(下の表は2012.7.17に最新のものと入れ替えました)

クリックすると大きなサイズでご覧いただけます。
 
2012.6.26掲載
 ●鮭川(最上川水系)におけるヤマメとウグイの放射性物質検査結果
 
 2012.6.14掲載
 ●置賜野川(長井市)におけるヤマメとウグイの放射性物質検査結果
 2012.6.8掲載
 ●日向川(酒田市)におけるヤマメとウグイの放射性物質検査結果
 2012.6.14掲載
 ●置賜野川(長井市)におけるヤマメとウグイの放射性物質検査結果
 2012.5.28掲載
 ●最上水系角川(戸沢村)におけるヤマメとウグイの放射性物質検査結果
  2012.5.18掲載
 ●最上水系丹生川(尾花沢市)におけるヤマメとウグイの放射性物質検査結果
 2012.5.16掲載
 ●赤川水系大山川(鶴岡市)におけるヤマメの放射性物質検査の結果について
 
 2012.4.26掲載
 ●最上川水系内川(寒河江市)におけるウグイの放射性物質検査の結果について
2012.4.26掲載
 ●西川町大井沢地内を流れる寒河江川の遊漁規則について
 
 西川町大井沢地内を流れる最上川水系寒河江川には、C&R(キャッチアンドリリース)区間が設定されています。今年度は5月1日〜9月30日の間、新たな漁場管理が施行されますので、最上川第二漁業協同組合のホームページでご確認ください。
 2012.3.16掲載
 ●県内産イワナの放射性物質検査について
 2012.3.1掲載
 ●放射性物質に関する情報、まとめて掲載いたします



 2012.2.24掲載
 ●2012年・山形県内の渓流釣り解禁情報と、「大雪」に関する注意事項です


 2012.2.8掲載
 ●サクラマス種苗の保護対策に係る禁漁措置のお知らせ
当連合会では、サクラマス資源を増やすため、村山市管内富並川へサクラマス種苗2万2千尾を12月に放流しました。ついては、放流したサクラマス種苗(スモルト)が降下するまでを保護するため、最上川第二漁協では下記の期間を禁漁にしていますので、お知らせいたします。
河 川 名 :最上川水系 富並川
禁漁区域:最上川との合流点から上流全域
禁漁期間:平成23年12月19日から平成24年3月31日まで
魚  種:全魚種
2011.9.2掲載
 ●平成23年度の「アユ禁漁期間の設定」について、詳細が決定しました。
 産卵期にあるアユを守るために行っている禁漁について、当連合会では山形県内水面漁場管理委員会に今年度の禁漁についての要望を出しておりましたが、それが下記のように決定され、8月30日付けで県公報に掲載されましたのでお知らせいたします。遊漁や漁をされる方は内容を十分ご理解の上、禁漁にご協力くださるようお願いいたします。なお、この禁漁効果を高めるために、当連合会では最上川第八漁業協同組合にお願いして、昨年度に引き続き、産卵期のアユを捕食するカワウの追い払いをしていただいています。また最上川の白鷹ヤナと大江ヤナについて、2つのヤナ場は今回の禁漁では「除外区域」に入っておりますが、期間中にヤナに入ったアユは生きたまま活魚車で最上川第八漁協管内の最上川まで運搬し、産卵に参加できるように放流します。今年で3年目になる取り組みです。このような活動も知っていただけたら幸いです。



2011.8.29掲載
 ●県産農畜産物等の放射性物質検査で、県内産ヤマメの安全が確認されました!

なお、山形県ホームページにおいて水産関係の放射性物質検査について情報公開しております。ご参照下さい。
http://www.pref.yamagata.jp/pickup/interview/pressrelease/2011/08/23164947/
2011.8.25掲載
 ●サクラマスの産卵場づくり、参加者募集。9月2日までお申し込み下さい!
 山形県内水面水産試験場と赤川漁協、山形大学農学部河川環境研究室(大久保教授)の3者は、2009年から赤川の支流でサクラマスの産卵場造成を行っていますが、今年も一般参加者を募集して行うことに決まりました。参加申込は9月2日までで、参加費無料、昼食は主催者で用意するそうです。ぜひご参加ください。FAX送信用の申込用紙はこのアンダーライン部をクリックして、PDFファイルを開いてご利用ください。
2011.7.25掲載
 ●県内3河川のアユについて放射性物質検査の結果をお知らせします
2011.6.29掲載
 ●2011アユ解禁情報、ならびに天然アユの遡上状況
クリックすると大きな表示でご覧いただけます。

クリックすると大きな表示でご覧いただけます。

2011.6.29掲載
 ●6月24日に山形県からプレスリリースされた「放射性物質検査結果」について
クリックすると大きな表示でご覧いただけます。
2011.6.29掲載
●平成22年度・内水面(河川・湖沼)利用意識啓発普及の「標語」審査結果
内水面(河川・湖沼)利用意識の啓発普及のため、県内各小学校から募集しております「標語」が、このたび審査を終え、優秀賞、最優秀賞が決定いたしました。最優秀賞2作品につきましてはトップページでご紹介しておりますが、他の優秀作品につきましてもここでご紹介したいと思います。たくさんの応募ありがとうございました。
学 年 入 賞 標  語 氏 名 学 校 名
小学4・5年生の部 最優秀賞 山からの 命めばえる 川の水 斎藤大史 鶴岡市立櫛引南小学校(赤川)
優秀賞 川遊び あゆがつつくよ ぼくの足 森 大樹 最上町立瀬見小学校(小国川)
優秀賞 ふるさとの 清きせせらぎ いつまでも 五十嵐聡美 鶴岡市立櫛引南小学校(赤川)
優良賞 ぼくたちで 未来に残そう すんだ川 片桐颯人 米沢市立松川小学校(県南)
優良賞 自然の美 川はぼくらの 宝物 澤川夏樹 鶴岡市立櫛引南小学校(赤川)
小学6年生の部 最優秀賞 川の水 守っていけば 宝物 佐藤有莉那 鶴岡市立鼠ヶ関小学校(温海町)
優秀賞 守ろうよ みらいにつなぐ 川づくり 中村琴美 米沢市立松川小学校(県南)
優秀賞 いつまでも 地球の水を 大切に 白幡衿衣 鶴岡市立鼠ヶ関小学校(温海町)
優良賞 守ろうよ きれいな川は 宝物 井上美紅 米沢市立松川小学校(県南)
優良賞 ゴミ一つ 拾えば変わる 川の未来 佐藤 雛 鶴岡市立鼠ヶ関小学校(温海町)
学校賞 鶴岡市立鼠ヶ関小学校(西置賜漁協)