●6月6日・アユ釣り情報です● 

■アユ釣り解禁まで1ヶ月を切りましたが、今年は5月下旬から長沢堰堤を遡上する稚鮎の姿が確認され、その後も小国川を真っ黒な帯状になって遡上する様子が頻繁に見られるなど、近年にないほど豊富な天然遡上が確認されています。遡上数を計測しましたが、1時間に2万尾以上も遡上する日もありました。
5月上旬から行っている放流につきましても、今年は過去最多となる4,000kgの放流を目標にしています。今年はいい釣りが出来ると思いますので、ご期待ください。ニュースページに写真を載せましたのでご覧ください。

●渓流・サクラマス釣り情報●
■渓流釣りは、水田からの濁り水も完全になくなり、いまベストシーズンを迎えています。エサ釣り、テンカラ、フライ、ルアーとどんな釣りも楽しめる季節ですが、雨の日や少し増水した時はエサ釣りやルアーが有利で、天気が良く気温が高い日などはテンカラ、フライが有利だと思います。
■サクラマスも面白い時期です。いまの季節、サクラマスは瀬に出ていることが多く、ルアーやフライへの反応もけっこう良いので、スリリングな釣りが楽しめます。チャンスはアユ釣りが始まる前まで、今月いっぱいという感じですが、ぜひ挑戦していただければと思います。運が良ければ深い淵で悠々と泳ぐ姿や、ジャンプしたりする雄姿が見られるかも知れません。